息子の言葉

2010 年 3 月 4 日

昨日のおひな祭りは、ちらし寿司じゃなく、カレーでした。。ごめんね我が子。

でも、節分は、簡単巻き寿司作ったよ。
(コウキでもかじれる、手巻き寿司用ののりで作った、納豆巻きとたまご+にんじん巻き、サーモン巻き)

保育園で、お内裏様とおひな様を作っていたようで、かわいいひな人形がおうちにあります。
幼児教室で、いつもたくさん、制作をしているので、その作品たちをまとめて飾れる場所をリビングにでも作りたいなー。
—–

2歳7ケ月を迎えた、コウキ。
どんどん言葉が達者になって、我が子がどんどん一人前になってく気がします(気が早いおかん)。
忘れないうちに、息子の言葉。

途中まで更新。また更新します。


—–

ピザちゅくるの編
今週月曜日、ピザが食べたいと帰りのバスで私のひざの上で言うコウキ。
オカン:「じゃあ、時間ちょっとかかるけど、ピザ作ろうか。ピザ食べたい?」
コウキ:うなづく。「コウキくん、おにいちゃんになったら、んーと、ピザちゅくるの」
オカン:「えー♪、コウキつくってくれるの?!」
コウキ:「うん!○○して〜、焼いて〜、○○して〜、ちゅくって、はいどうぞ!するの」

・・・オカン、感動。そんなことを考えられるまでに。。じーん。
そして、男は料理ができなきゃ!家事を手伝う我が子に育てるのだ。


みんな、おいしい編
大好きなイチゴを食べるコウキ。

オカン:「コウキ、ママにもちょうだい」
コウキ:ちょっと考えて「うん、いいよー。はい、どうぞー。」
オカン:「ありがとう。おいしい!」
コウキ:「みんな、おいしい♪」

素晴らしい教育を、保育園はしてくれてると思った次第でした。
「みんな、おいしい」はよく使ってます。
しかし、おなかがすいていたり、数が少なかったら、イチゴは親にはくれません。。



もうー、なにしてんのー編
オカン:洗濯物をしていて、洗濯物やらハンガーを落としたオカン
コウキ:「もうー、なにしてんのー!」

オカン:何かおとして、物音たてる私
コウキ:「もうー、なにしてんのー!」

コウキ:飲んでたものをこぼす
コウキ自分で:「もうー、なにしてんのー!」

おそらく、この言葉、私が旦那によく言っている言葉(笑)。
ちゃんと、子は聞いてるんですよね。家での言動そろそろ気をつけなければ、、。



何ちゅくってんの〜?編
去年11月のこと。(嬉しかったので、保育園の連絡帳にも記載済み)

オカン:「・・・・・」晩ご飯作りに、必死な私、味見してる
コウキ:「ママ、おいちぃ?」
オカン:(心の声)→私に質問形式で話かけてくれたの、もしかしてハジメテ!!
    「うん、おいしいよ〜、もうすぐできるから待っててね〜」
コウキ:「うん、ママ、何ちゅくってんの〜?」
オカン:「今日はね、カレーだよ〜。コウキ、カレー好き??」(またか、という突っ込みは置いといて)
コウキ:「コウキくん、カレー、すき!!」

どうやら母が晩ご飯を作るということをわかり始めたのか、このころから、料理を作ってる間、じゃますることがなくなりました♪(まあ、1時間を超えるとさすがにだめだけど)

Posted in 息子の言葉 at 3月 4th, 2010. 2 Comments.